走行距離はどれぐらいがいい?高年式ってどんな車?

2018年6月27日 By admin

走行距離と価格の違いを知る

自動車の購入では、新車か中古車の選択があります。通常新車の方が高くて中古車の方が安くなります。新車は誰も利用していないきれいな自動車で、中古車は一定期間他人が利用した車になります。違いの一つとして挙げられるのが走行距離です。新車だと、基本的にはどれも走行距離はほとんどありません。移動などもあるので0ではないでしょうが、問題になる距離は走っていません。でも中古車は車ごとに異なります。車種や型式、年式も同じなのに価格が異なる中古車が売られていますが、走行距離が異なる可能性があります。一般的な目安として10万キロ走っているかどうかがあり、10万キロ未満なら高めです。10万キロ以上になると価格がぐんと下がります。基準を知っておくと選びやすくなります。

高年式の方がより性能がいい

自動車メーカーからは多くの車種の自動車が販売されています。最近新たに登場したものもあれば、かなり前からある車種もあります。同じ車種と言っても車の中身は年代によって変わっています。中身を少し変更するマイナーチェンジが行われたり、全体的に変更するフルモデルチェンジが行われたりします。中古車購入では年式で比較するときがありますが、高年式であるほど価格は高めになります。高年式は、より最近販売された型式を意味します。2年前のものより1年前のものの方が価値が高くなります。自動車は燃費などの性能が重要になります。新しいほど燃費性能が向上している可能性が高く、その他の性能などもアップしています。選ぶときにチェックしたい項目になるでしょう。

ボルボは北欧スウェーデンの自動車メーカーです。ボルボの中古車は子育て世代からシニア層まで幅広い年齢層に支持されています。