同じ北海道でもこんなに違う?目的を決めて旅行計画を立てよう!

2018年11月29日 By admin

北海道の自然環境と地域ごとの違い

北海道は日本の中でも一年を通した寒暖の差が激しい地域として知られています。また、全域の特徴として冬季になると降雪に見舞われるのが特徴です。北海道は太平洋、日本海、オホーツク海の三つの海洋に囲まれていることから、それぞれの海洋の流れが気候に影響をもたらします。また、内陸部は特に降雪量が多いのも北海道特有の気候の特徴です。そのため、同じ北海道でも地域によって自然環境に違いがみられます。地域ごとに異なる彩りの豊かな風景は優良な観光名所として人気があり、様々な地域から多くの観光客が訪れています。

北海道は菱形に近い陸地の対角線に沿う形で山脈が通っていることから、平地部分は海岸膳に沿って四つに分断されています。それぞれの平地部分は面している海洋の影響が大きく、生息する動植物の種類や栽培に適した作物などに違いがあるのが特徴です。

北海道旅行を計画的に楽しむ工夫

北海道は面積が広く、地域ごとに環境や景色が大きく変わることから観光の際は目的地の選別を慎重に行うことが大切です。特に季節ごとの環境の違いが大きいので、観光の目的に適した地域選びが重要になります。また、宿泊地から目的期までの移動距離や必要時間を正しく把握していないと十分に満足出来る旅行にはなりません。そのため、北海道旅行を楽しむためには経験者と同行するか、事前の情報収集を入念に行うことを心がけます。冬季の旅行は降雪による通行止めや列車の運休に見舞われる可能性があることから、日程に十分な余裕を持たせることも重要になります。

北海道の旅行では星を散りばめたような夜景や、神秘的な青い池、雲が流れるような滝に見える雲海など、素晴らしい景色を望むことができます。