購入後に後悔したくない!中古のランドローバーを購入する時のチェックポイント

2021年6月16日 By admin

修理履歴をチェックする

高級SUVを代表するランドローバーは中古でも状態によっては数百万円することもあります。高い買い物で後悔しないためにも、中古のランドローバーを購入する時はしっかりとチェックをすることが大切です。いくつかあるチェックポイントで基本となるのが修理履歴です。ランドローバーの中でも初代や2代目はサスペンションや電気系統などに不具合が起こりやすいと言われています。パーツによっては修理後も再び不具合が起きてしまうこともあるので履歴を確認しておかなくてはいけません。

車検の有無と残りの期限

これはランドローバーに限った話ではありませんが、中古車を購入する上で重要となるのが車検の有無です。中古車販売店で取り扱っている車は車検の有効期限が残っている車と既に切れている車の2種類に分類されます。車検が切れている車は販売価格が安いのがメリットの反面、購入後に自分でお金を払って検査を受けなくてはいけません。購入後にすぐにでも乗りたいという人は車検が残っているランドローバーを選ぶ必要があります。ただし、車検切れまでの期間が短いと購入価格が高い上にすぐに自腹で車検を受ける羽目になって無駄な出費が増えるので注意が必要です。

試乗による乗り心地の確認

同じ車でも国産と外国産では乗り心地や運転のしやすさなど細かい部分に違いがあります。ランドローバーも同様に国産に乗り慣れていることでいざ運転をしたら違和感を感じたというケースも少なくありません。購入をする前に試乗をさせてもらって乗り心地を確かめておくことが大切です。

ランドローバーの中古車の購入先として、正規ディーラーや同メーカーを専門に扱う中古車販売店を利用することが有用です。